おうちパン研究家 岩田 緑 の ブログ
 
自宅でパン教室してます http://green2005.run.buttobi.net/
 


2011年9月を表示

棚板塗装 と エプロン

ペンキ作業は、「げんかん」の棚板でした。
天気がよくて空気もカラッと乾いていて作業がはかどりました。
このまま数日よく乾かしてから収納です。


* * * * *



7月末ごろに縫ったエプロンを使い始めたら、ポケットがないとやっぱり不便。
肩紐のテープには、かぎ針で編んだモチーフをつけてアクセントにしましたが
ポケットには紺のテープだけを縁につけて仕上げました。



開かずの押入れから発掘した少し強い柄の布ですが
年齢とともに、こういう柄にも挑戦してみようかなと思うようになりました。



たてやまドンドン花火の屋台で買ったキャラメルポップコーン。
「家でも作れるんじゃないかなー」と検索したら、家にある材料で簡単に作れそう。
こちらのレシピを参考にさせていただきました → :::



ちゃんと甘くて、おいしくて、娘も主人もにっこり笑顔でした。
いつもの「ひとくちラスク」と少し似てる。



2011年9月7日(水)23:04 | トラックバック(0) | コメント(0) | てづくり日記 | 管理

ミニスティック山食パン

夏休み前、黄色い帽子の下から暑い顔をのぞかせて
『四つ葉のクローバー』をプレゼントしてくれた日が何回か続きました。
最初の日に私がとても喜んだので、次の日も、また次の日も
学校からの帰り道に見つけてきてくれたんだと思います。
霧吹きして、そっとシワを伸ばして、本や電話帳の間に挟んでおきました。

つい先日の片付けの際に、仕舞い込んでいたラミネート用紙を見つけたので
そちらに挟み直して、ラミネート保存。(→ここは主人にお願い。)
上手くできたら、「しおり」にしようかなと期待しています。



* * * * *




板の塗装と並行して、焼きあがった『山食パン』



8分割した生地を『ミニスティック型』2本に詰めました。
発酵は作業をしながら時々様子をみましたが、生地づくりは大切なので
作業に入る前に集中して、丁寧に捏ねました。
ぐんと釜伸びしたこのパンをみたら、疲れも吹っ飛びました。



翌朝、そっとスライスしたところ。 

しっとり、ふんわり。

そのままハムレタスサンドにしたり、トーストしてバターをつけたり。
ミニだから、食べ方2~3通りは楽しめます。
我が家のガスオーブンでは、予熱なし200℃15分でOKでした。



2011年9月7日(水)10:34 | トラックバック(0) | コメント(0) | おうちパン研究 | 管理

カーテン・リメイク 

引き続き、やることリストをこなします。
「カーテンのリメイク」。

防寒を目的に天井から床までの長いカーテンをつけていましたが
最近上半分の色褪せが目立ってきました。



リメイク後の完成写真。

大胆に半分に切って、フックを取り付ける部分の糸を全てほどき
芯を取り出して、下半分の布で再びカーテンを縫いました。
糸をほどきながら、10年前に縫ってくれた両親のことを思いました。
見本帳から好きな布を選んで、福井の父と母が縫ってくれたカーテンです。
(実家はクロス屋でカーテンの注文も受けていました)



あともう10年使えるかな・・・。
色褪せた上半分の布の使い道も考えました。
気に入ったもの、まだ使えるものは工夫して再び価値を見出す。
楽しいし、わくわくするし、上手に出来たらうれしくて、私らしいかなと思う。



* * * * *




午前中にカーテンを仕上げて、午後からはペンキ作業。



木の色のままに仕上げた棚板が、これまた傷んだり、汚れが目立ってきたので
お得意の白でペイントすることにしました。
取り掛かる前に、食パン生地をこねて、発酵具合をみながら作業。
パンの焼成とペンキの後片付け、どちらも18時ごろに終わりました。


全部で6枚もあるから、初日は裏面のみ。

さて、どこの棚板か分かるかな?





ヒント、「○ん○ん」



2011年9月6日(火)19:40 | トラックバック(0) | コメント(0) | てづくり日記 | 管理

鍋つかみ

ついに・・・! うちの店の前にやってきました。
はい、「下水道工事」。
車の出入りが難しくなり、今週は教室がないからちょうどいいのかな
と、そう思うことにしよう。

まとまった時間がとれそうなので、やることリストを作成。
お天気と相談して、雨の日でもできることから着手。



* * * * *




端切れの瓶から、小さいけど、可愛めの布切れを選び出す。



アイロンを当てて、ピシッとさせると素材に見えてくる。


青系と赤系にチーム分けしつつ
どっちもいける布は継ぎ接ぎしやすいようにサイズで組み合わせる。



ざっくり手縫いでパッチワークをして
ワンポイントに黒糸で「M」のクロスステッチ。
コンパスで型紙を作り、キルト芯と3枚あわせてぐるっとミシン。


かれこれ6年くらい使い、傷みが目立ってきた鍋つかみ(左)を作り直しました。



ひとわまり大きくして、使いやすく、そして、可愛く。
これからだと、きっと娘も使うと思うから。

図書館の本で見つけたデザインですが、使いやすくて気に入っています。



ぐるっと巻いてボタンを留めば、使用中にずり落ちることなく快適。
教室でも、トマトソースやカスタードクリームを作るときに登場していますが
次からはこの新しい鍋つかみを使っていただきますね。



2011年9月5日(月)22:08 | トラックバック(0) | コメント(0) | てづくり日記 | 管理

枝豆のフィセル と カンパーニュ

棒状に成形したら、きゅっとひねって、クープを入れずに焼く
そういうフランスパンもかっこいいなと思っていましたが
クープが開いたバケットに強く憧れていたので、1回も試したことはありませんでした。



お店のお客さんからいただいた自家製の枝豆、たくさん。
ゲランドの粗塩で少し硬めに茹でながら、フランスパンに入れるならどんな成形が似合うかなぁ
そんなことを考えながら、夕飯の準備をしていました。

「枝豆のリュスティック」、聞き覚えがあってまず思いついたけど
正直、加水多めのリュスティックの美味しさが私にはまだ分からないので
いつものフランスパン生地に枝豆を混ぜ込んで、そのひねる成形に初チャレンジ。
クープを入れない分、ホイロ長めに、焼成温度は50℃低く。
もっちりしっとりのきめ細かいクラムに枝豆の塩気がおいしくいただけました。






久しぶりに食べたら美味しくて、また焼きました。



「自家製酵母のカンパーニュ」


ここに至るまでの試作の数々。
思い入れはひとしおの大切なレシピです。
四季ごとに水分や発酵が違うから、夏が終わって秋も冬も様子をみます。



* * * * *



湿度が高くて、家のなかあちこち気になる。
気づいたときに1箇所ずつなら、15~30分の掃除ですっきり。
休日の朝食後。
主人と一緒にシンク下を徹底的にきれいにしました。
2人なら労力半分以下で仕上がり5割増し。



2011年9月3日(土)19:34 | トラックバック(0) | コメント(0) | おうちパン研究 | 管理

今週のパン教室

この夏は、8月もパン教室をさせていただきました。
おかげであっという間、充実の夏休みでした。
お盆休みを利用して、普段なかなか参加できない生徒さんをお迎えできたり
新規ご予約の生徒さん「4人も」ご参加くださいました。
常連の生徒さんも変わらず通ってくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。

おしゃれな家でもないし、教室専用のスペースもないし
家庭用ガスオーブンがあるだけのこじんまりとしたパン教室です。
不足を言えばキリがないのですが、最低限の条件でも最高のパンを焼く。
丁寧な説明とおいしいパンが焼けることに、全力投球です。


いつか・・・
おもいっきり自由にパンが焼ける場所をもつことが私の夢。
そのときは、ぜひみんなで遊びに来てね。



* * * * *




月曜日は新規生徒さんをお迎えして「ピザ」教室。
とても勉強熱心で、質問をいくつかいただきながら、作業も丁寧でした。



マヨピザには、薄切りのポテトとコーン。
1次発酵中に作る定番のトマトソースも気に入ってくださった様子でした。
ご主人が大好きだというピザ、ぜひおうちでも焼き立てピザをお楽しみください。
次はバターロールかな、またのご予約お待ちしています。


火曜日は午前中が「ショコラブレッド」。
前回のおうちパンプレートで気に入ってくださり、ご予約いただきました。
こだわりの材料1回分をお持ち帰りされ、翌日すぐに復習し写真を送ってくださいました。
就学前のお子さん2人いらっしゃり、毎日忙しいそうですが
パンづくりが楽しくなってきたそうです。
私も嬉しい。



午後からは新規生徒さんをお迎えして「フォカッチャ」教室。
「ずっと来たかった」とおっしゃっていただき、とてもうれしかったです。
午前教室の生徒さんと一緒に作ったショコラブレッドをおやつにお出ししたところ
そのショコラブレッドでまた次回ご予約をいただきました。
フォカッチャもとても気に入ってくださったそうです。
嬉しいです。



水曜日は「コーヒーチョコロール」、そんなメニューあったっけ??と思われましたか?
教室を始めた当初からの生徒さんが、この夏限定で平日お休みになり
遠方にも関わらずご予約いただけることになったので、特別にご提案しました。
1名さま募集のところに、2回目の生徒さんからご予約をいただいて
なんだか素敵な組み合わせかなと当日を楽しみにしていました。
ふわっとコーヒーの香り漂うこのメニュー、私のなかではすでに定番の味ですが
お2人とも気に入っていただけましたか?


教室中に生徒さんのスマートフォンを見せていただきました。
これ、すごいですね。
もう電話じゃなくてパソコンですね。
私のブログもこんなにきれいに見れました。
拡大とか縮小宇も指先ひとつで思うがまま、驚きっぱなしでした。



金曜日は「ブルーベリーベーグル」教室。
お仕事しながら時々ご予約くださる生徒さん、数えてみればもう22回。
話題豊富で待ち時間も楽しく、いつもあっという間です。
ベーグルは短時間で作りやすく、ご家族も大好きだそうです。
きっとお好きだろうなと、おうちパンプレートには自家製酵母のベーグルサンド。
クリームチーズ、ラム漬けイチジク、オレンジハチミツ、シナモンを。
「うーん」とうなりつつ、とても喜んで召し上がってくださいました。


5月から始めたおうちパンプレート、このまま無理なく続けていけそうです。
あまり宣伝していないのですが、毎回必ずお出ししていますので
ぜひそれも楽しみにお越しくださいませ。


* * * * *



ここ最近、予約が少なくて、実は淋しい私。
お気に触ることや失礼があったかな、期待に添えなかったかな
私に悪いことろがあったのかなと、悩んで暗い気持ちなることがあります。

でも、いつも同じ状況が続くことってないですよね。
いいときも悪いときもあって人生。
そう自分を励まして、今だからできることを積極的にやっていきたいと思っています。


ほら

「彼氏がいないときは自分を磨くとき」って、そういう話しませんでしたか?



2011年9月2日(金)12:22 | トラックバック(0) | コメント(0) | パン教室リヒト | 管理

自家製酵母のカンパーニュ と ブルーベリーチーズケーキ

「贅沢なブルーベリーベーグル」を作ったときのブルーベリーピュレの残りを使い
ベイクドレアチーズケーキを作りました。
レシピはいつものチーズケーキの本を参考に苺をブルーベリーにアレンジ。



裏ごししてないので、ブルーベリーの粒感いっぱい。
思ったよりさっぱり味でした。



久しぶりに「自家製酵母のカンパーニュ」。
ライ麦はアメリカ産の安心素材(極細挽き)を使っています。



さつまいものマフィンと並べて撮りました。
やや小ぶりのカンパーニュです。



しっかり噛み締めるクラスト、ふんわりクラム。
おいしさ、満足です。



2011年9月1日(木)14:16 | トラックバック(0) | コメント(0) | おうちパン研究 | 管理

フィセル と スフレ

新学期スタートの朝ごパン。 フィセル : レタス : ハム : グレープフルーツ
主人と私はカスクートサンドにしていただきました。



娘はスライスを希望し、バターをつけつけ満足そう。
そのあと、ハムでレタスをサンドして食べる、そんな感じ。

午後教室の合間にさっと計量してこねました。
あとは室温発酵でトータル4時間ほどで完成。
ライ麦30、南部小麦120、ウーヴリエ150のブレンドです。
初めて買ってみた【安心素材】ライ麦粉使用。



クラストが薄くて、細いフィセルがより繊細に焼きあがりました。



* * * * *




図書館で借りた『スフレの本』
デザートフスレとお惣菜スフレがとてもおしゃれで美味しそう。



生クリームがあったので、「カルボナーラのスフレ」を作りました。
適当なサイズのココットがなくて、コーヒーカップを容器に。
作り方やその他の説明がとても親切丁寧、いい本だなと思いました。
ガスオーブンの場合は、垂直に膨らみにくいと注意書きがあり
回転天板にのせて焼いたけど、思いっきり斜めに膨らみました。
焼き時間はもう少し短くてもよかったみたい。

スフレ、とっても気に入りました。



2011年9月1日(木)09:19 | トラックバック(0) | コメント(0) | おうちパン研究 | 管理


(2/2ページ)
最初 1 >2<