おうちパン研究家 岩田 緑 の ブログ
 
自宅でパン教室してます http://green2005.run.buttobi.net/
 


パンパルデュ と 餅つきの思い出

「明日の朝食、どうしようかなー」。家にあるのは、2本焼いた自家製酵母パンの端っこ4つのみ。家族も喜ぶ簡単フレンチトースト(パンペルデュ)にしようと思いついて、昨日はパンを作るのを止めました。3日目の少々硬くなったパンもごちそうに変身、最後までおいしくいただきたいからね。

作り方はびっくりするほど簡単! 
① 玉子と牛乳を混ぜた卵液にひとくち大に切ったパンを浸す(この間にお化粧と身支度完了)
② クッキングシートを敷いた天板にパンをこんもりと盛り付ける(この間にオーブンを180℃に予熱) 
③ 180℃で10分焼く(トッピングや飲み物などを準備)

レシピを読んだら分かるけど、卵液に砂糖は入れていません。お皿に盛り付けたら粉糖をふりかけて、あとは各自で蜂蜜やフルーツと一緒にいただきます。寒い朝だったら、粉糖をふりながらそろそろやってくるだろう初雪を思いました。



文化祭のお餅は「3色おはぎ」になって販売されました。パンペルデュだけでは足りないので、最後の1パックを3人で。どれにする? 娘は「ごま」、主人は「あんこ」、私は残った「きなこ」を食べました。
子供のころ、年末が近づくと決まって母の実家に集まって餅つきがありました。3家族分の鏡餅、雑煮用の丸餅、豆を入れたとぼ餅。広くて寒い機織場でストーブにあたりながらおしゃべりをして、子供たちは工場のなかで遊び、祖父は釜戸の前に座って火の番をし、祖母は臼取り、餅つきのこづきは父が、餅つきは叔父たちも交代でした。蒸し立てのもち米が臼に入ると、まずそのままで味見。これがおいしい!餅がつけると、祖母がひとくちの大きさにちぎって、おろし餅やあんころ餅にしてみんなで食べました。母たちや孫たち(私も含む)は丸めを担当。3軒分の餅、いったいどのくらいのもち米を準備していたんだろう。そういえば、火鉢の上でヤカンにお湯を沸かしていたっけ。餅をつくときに結構な量のお湯を使う事、今回のお手伝いで分かり思い出しました。懐かしいなー。しんみり。



Nov.12.2013(Tue)08:55 | Trackback(0) | Comment(2) | おうちパン研究 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
Comment

パンペルデュ

先日、自宅から車で30分の所にある紅茶やさんのランチで
『甘くないパンペルデュ』を食べまして、その美味しさにびっくりしました。
卵液にパルメザンチーズと塩こしょうが入ります
チーズの風味と黒胡椒の香りがすごくいいのー
次にパンが余ったら、作ってみてね。

私も昔むかし、父の実家でお餅つきの経験があります
父方親族総出の大行事でした。
まだ小さかった私は火鉢に手を出して灰まみれになり
次の年から行かせてもらえなくなったわ(笑)


 by kia | Nov.12.2013(Tue)13:31

おいしそ~(^-^)

■ kiaちゃん

その甘くないパンペルデュ、おいしそう~!
娘も喜びそう! ぜひ作ってみるね。
ありがとう


 by das Licht | Nov.12.2013(Tue)22:32


(1/1page)